余波も“半端ない”…とんだ大迫違いでマラソン大迫傑らのインスタが荒らされる

[ 2019年1月29日 15:41 ]

陸上の大迫傑(左)とサッカーの大迫勇也
Photo By スポニチ

 UAEで行われているサッカーのアジア杯準決勝・イラン戦で2ゴールを挙げた日本代表FW大迫勇也(28=ブレーメン)の活躍を受け“半端ない”余波が広がっている。

 大迫は28日のイラン戦で先制弾を含む2ゴールを挙げ、3―0での勝利に貢献。日本は2月1日に行われる決勝進出を決めた。だが、試合直後から陸上男子マラソン日本記録保持者である大迫傑(27=ナイキ)のインスタグラムに、敗れたイラン代表のサポーターと思われる人たちからペルシア語や英語での中傷コメントが殺到。とんだ“大迫違い”でコメント欄が荒らされる結果となった。

 同じサッカー選手ではGK大迫敬介(19=J1広島)のインスタグラムが同様に各国の言語でコメント欄を荒らされているが、鹿児島城西高時代に大迫勇也との「ダブル大迫」として注目を集め、高3時の全国高校サッカー選手権準優勝に貢献したMF大迫希(28=J3藤枝)のツイッターは29日午後3時現在、平穏無事となっている。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年1月29日のニュース