×

【城彰二 視点】決勝で見せてほしい “森保ジャパンの特徴”とは何か

[ 2019年1月29日 07:43 ]

アジア杯準決勝   日本3―0イラン ( 2019年1月28日    UAE・アルアイン )

前半、大迫(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 先制点は日本らしさが出たゴールだった。大迫がタメをつくって南野に出し、南野は倒されたが諦めずにボールを追ってクロスを上げた。相手がプレーを止めた一瞬の隙を突いたものだった。2点目のPKを得たシーンも大迫と南野のコンビで生まれた。日本は大迫の復帰が大きい。大迫はボールを収められるので、中盤の選手が前を向いてプレーしたり、前線に飛び出せる。先制点が典型的で、南野や堂安の良さが引き出された。

 ただ、イランの守備が強く、特に両サイドが序盤は高い位置を取っていたのでもっと堂安と原口が押し返せればいい形がつくれたはずだ。競り合った後のこぼれ球も拾えなかったし、ダブルボランチも守備に追われて、あまり機能しなかったことは修正すべき点だ。

 この大会を通じては、内容が悪くても勝てていることが大きい。各国のレベルが上がってきた中で、勝負強さを見せられたことは今後につながる。逆に課題は爆発的な攻撃がなかったこと。「森保ジャパンは何が特徴か」というものを決勝ではもっと見せてほしい。 (元日本代表FW)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2019年1月29日のニュース