【中田浩二 視点】カウンターの対応に課題、リスク管理しっかりと意識を

[ 2019年1月18日 08:30 ]

アジア杯1次リーグF組   日本2―1ウズベキスタン ( 2019年1月17日    UAE・アルアイン )

<日本・ウズベキスタン>試合後、サポーターにあいさつする(左から)室屋、塩谷、武藤、青山(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 控え選手がどれだけアピールできるかが試合のポイントだった中、室屋、伊東、塩谷、武藤、青山が存在感を示した。前半43分の同点ゴールは右から突破した室屋のクロスを武藤がヘディングで決めた。相手に守備を固められたときはサイドからドリブルで仕掛けることが有効で、いいアピールになった。武藤のヘディングも良かったが、北川がニアに入って相手を引きつける動きもいい形だった。塩谷も、こぼれ球を落ち着いて打った素晴らしいゴール。複数のポジションができるし、中東を知っていることもプラスだ。

 守備はブロックをつくったときはほとんど破られなかったが、日本が攻めた際に相手のカウンターを受けた場合の対応に課題が残った。先制点もこのパターンで、サイドから攻められてズルズルと全体的に下がってしまい、槙野と三浦が振り切られた。トルクメニスタン戦でもカウンターから失点しており、リスク管理をもっとしっかりと意識する必要がありそうだ。(元日本代表DF)

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年1月18日のニュース