G大阪 元10番・二川孝広が関西1部ティアモ枚方に完全移籍「本当に有難うございました」

[ 2019年1月18日 17:19 ]

関西1部ティアモ枚方への移籍が決まったMF二川孝広(写真は2014年10月のG大阪時代)
Photo By スポニチ

 J1のG大阪は18日、J2栃木へ期限付き移籍していた元日本代表MF二川孝広(38)が関西リーグのFCティアモ枚方に完全移籍すると発表した。

 大阪府高槻市出身の二川はG大阪ユースから1999年にトップチームへ昇格して以来、エース番号の10番を背負うなどG大阪の中心選手として活躍し、17年半に渡って在籍。2016年6月に出場機会を求めてJ2東京Vへ期限付き移籍した。

 18年1月には19年1月末まで東京Vへの期限付き移籍期間が延長されると発表されていたが、17年はJ2リーグ戦2試合0得点に終わり、18年は出場がないまま、同じJ2の栃木へ期限付き移籍先を変えることが18年3月末に発表されていた。

 二川はG大阪を通じ、「ガンバ時代には多くのサポーター・ファンの皆さんに応援して頂き、本当に有難うございました。改めて感謝いたします。同じ大阪にあるチームで現役としてまだプレーをするので、引き続き応援してもらいたいと思います」とコメントしている。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年1月18日のニュース