青山 元チームメート塩谷との“コンビ”で勝利貢献

[ 2019年1月18日 05:30 ]

アジア杯1次リーグF組   日本2―1ウズベキスタン ( 2019年1月17日    UAE・アルアイン )

<日本・ウズベキスタン>前半、ボールをキープする青山(右)(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 MF青山はかつてのチームメート塩谷とボランチでコンビを組み先発を果たした。

 広島で約5年半にわたって師事した森保監督から信頼を寄せられ、新チーム立ち上げ時には主将を託された。この試合でもDF吉田に代わって主将マークを巻き、後半40分すぎからはトップ下でもプレー。司令塔としてチームを勝利に導き「勝ち切ってまたチームが一つになったと思う」と白い歯をこぼした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年1月18日のニュース