元日本代表監督率いるUAEは開幕戦ドロー ハリルが同点弾

[ 2019年1月7日 05:30 ]

アジア杯1次リーグA組   UAE1―1バーレーン ( 2019年1月5日    アブダビ(UAE) )

<UAE・バーレーン>UAEの監督としてアジア杯に臨んだザッケローニ(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 元日本代表のザッケローニ監督の下、初優勝を目指す開催国UAEはバーレーンとの開幕戦で苦しみながら引き分けに持ち込んだ。1点を追う後半43分、相手ハンドの反則で得たPKを途中出場のFWハリルが左上に同点弾を決めた。厳しい表情で終了の笛を聞いたイタリア人指揮官は「開幕戦で勝ってファンに良い結果を届けたかったが、こういうこともある」と話した。

 地元の大声援を受け前回大会得点王のエースFWマブフートを中心にチャンスはつくったが、決定力を欠いた。負傷で今大会欠場の司令塔MFオマルの不在も響いた。0―0の後半9分、2人同時交代の積極采配も不発。同33分に相手CKの流れからサイドを崩されて失点した。

 日本を優勝に導いた11年大会も初戦は低調な引き分け。「大事なのは試合ごとに進化すること。ミスを修正し、教訓を得て次戦に臨む」とインドとの第2戦を見据えた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「アジア杯」特集記事

2019年1月7日のニュース