元日本代表DF安田理大がJ2新潟を契約満了で退団「就職活動中です」

[ 2019年1月7日 16:41 ]

安田理大
Photo By スポニチ

 J2新潟は7日、契約満了に伴い、元日本代表DF安田理大(31)と2019年シーズンの契約を更新しないと発表した。

 大阪府出身の安田はG大阪ユースから2006年にトップチームへ昇格。翌07年にはナビスコ杯(現ルヴァン杯)でニューヒーロー賞とMVPをダブル受賞するなど10代から主力として活躍した。10年にフィテッセ(オランダ)へ移籍したが、13年9月に磐田入りしてJリーグ復帰。翌14年に鳥栖、15年に神戸、16年に名古屋、17年に釜山(韓国)と短期間で各チームを渡り歩き、18年に新潟入りしていた。リーグ戦の通算成績はJ1が185試合2得点、J2が30試合6得点。18年シーズンはJ2で30試合6得点だった。各年代の日本代表に招集され、日本代表としても国際Aマッチ7試合1得点の成績を残している。

 安田はクラブを通じてコメントを発表。「1年でJ1に昇格するという目標は達成できませんでしたが、個人的にはプロになってから考えられないくらいのゴールを1年で決めることが出来たのですごく心に残るシーズンを過ごすことができました」と感想を述べ、「新しいチームはまだ決まっていなくて就職活動中ですが、またアルビサポーターの皆さんとお会いできることを楽しみにしています」と今後の現役続行に意欲を見せた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年1月7日のニュース