名古屋 J2大宮からMFマテウスを完全移籍で獲得「新しいチャレンジ」

[ 2019年1月6日 14:29 ]

 J1の名古屋は6日、J2大宮からMFマテウス(24)が完全移籍で加入すると発表した。

 ブラジル出身のマテウスは身長1メートル67、体重69キロで、2014年に当時J1だった大宮入り。リーグ戦の通算成績はJ1が47試合7得点、J2が45試合12得点で、18年シーズンはJ2で40試合12得点だった。

 マテウスは名古屋を通じ、「名古屋グランパスの一員として、このチームのユニホームを着て、新しいチャレンジができることをうれしく、そして誇りに思います。自分の全力のプレーをし、チームの勝利に貢献できるように頑張りますので、応援よろしくお願いします。ファン・サポーターの皆さま、一緒に闘って、一緒に喜びましょう!」とコメント。

 大宮を通じては「サッカー選手として新たなチャレンジに挑戦したいという思いがあり、名古屋グランパスに移籍することを決めました」と移籍を報告した上で「大宮アルディージャでたくさんの人々に出会い、様々なことを学ぶことができました。全ての方々に感謝を伝えたいです。また、クラブの歴史の一部に関われたことを誇りに思います」などと談話を発表している。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年1月6日のニュース