尚志 染野の千金弾死守!7大会ぶりの4強進出

[ 2019年1月6日 05:30 ]

第97回全国高校サッカー選手権準々決勝   尚志1―0帝京長岡 ( 2019年1月5日    等々力 )

<尚志・帝京長岡>前半、尚志・染野(中央)はゴールを決め笑顔を見せる(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 悲願の全国制覇へ、また一歩前進した。尚志(福島)はU―17日本代表FW染野の値千金の一発を守り切って、7大会ぶりの4強進出。12日に行われる準決勝では優勝候補の青森山田との東北勢対決となるが「1週間いい準備をして勝ちにいく」(染野)と大物食いに気合十分だ。

 一瞬の隙を見逃さなかった。前半22分、相手のミスからボールを奪うとFW二瓶がスルーパス。染野が「切り返そうか迷ったが、思い切って打った」と倒れ込みながら右足でシュートし、ゴールネットを揺らした。2戦連発に「自分が決めて勝つ、という気持ちでプレーした。凄くうれしい」と充実感が漂う。「福島県全体に勇気を与えたい」。強い覚悟と思いを胸に、頂点を狙う。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年1月6日のニュース