帝京長岡 初の4強ならず…主将「のまれてしまった」

[ 2019年1月6日 05:30 ]

第97回全国高校サッカー選手権準々決勝   帝京長岡0―1尚志 ( 2019年1月5日    等々力 )

尚志に敗れガックリの帝京長岡イレブン(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 帝京長岡(新潟)は初の4強入りとはならなかった。前半22分に喫した失点が決勝ゴールになった。

 主将のDF小泉は「試合の入りが悪く、のまれてしまった」と悔やんだ。負けはしたものの、チームの良さは披露した。自在なパスワークと多彩な仕掛けでシュート数は相手を5本も上回る13本。スタメンに2年生が6人も名を連ね、小泉は「後ろから見ていて頼りがいがあった。来年はやってくれるはず」と後輩に悲願の日本一の夢を託した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年1月6日のニュース