日本航空 1点遠く8強で敗退…主将「力不足」

[ 2019年1月6日 05:30 ]

第97回全国高校サッカー選手権準々決勝   日本航空0―1瀬戸内 ( 2019年1月5日    フクアリ )

瀬戸内に敗れガックリの日本航空イレブン(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 県勢の夏冬連覇への挑戦が幕を閉じた。日本航空(山梨)は19本のシュートを放ったものの1点が遠く、MF塚越主将は「力不足のひと言。本当に悔しい」と目を真っ赤にして話した。

 夏の全国高校総体は山梨学院が優勝。ライバルの活躍を刺激に、初出場で初戦敗退だった12年大会の成績を上回る躍進を続けてきた。仲田監督は「ベスト8を越える壁は高い。それでも、子供たちは頑張ってくれた」とイレブンをねぎらった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年1月6日のニュース