秋田商 攻撃機能せず…強豪の堅守に阻まれ零封負け

[ 2019年1月6日 05:30 ]

第97回全国高校サッカー選手権準々決勝   秋田商0―1流通経済大柏 ( 2019年1月5日    フクアリ )

流通経大柏に敗れガックリの秋田商イレブン(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 秋田商は強豪の堅い壁に阻まれた。

 放ったシュートは相手の19本に対してわずか4本。エースのFW長谷川をマンマークされるなど攻撃が機能せず、小林監督は「ゴール前の堅さはこれまでに経験がないほどだった」と脱帽した。それでも、県勢32大会ぶりのベスト8という結果を手にし、指揮官は「子供たちは勇気を持って攻守で前へ前へと行ってくれた。スカッとする試合だった」と納得の表情だった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年1月6日のニュース