J3降格の讃岐 退団から1年でFW木島良輔が復帰 来年5月で40歳

[ 2018年12月25日 22:10 ]

 来季のJ3降格が決まったJ2讃岐は25日、昨季限りで契約満了により退団し、JFLのFCマルヤス岡崎へ完全移籍していたFW木島良輔(39)が完全移籍で讃岐に復帰することを発表した。

 千葉県出身の木島は帝京高から1998年に横浜入りし、ベルグラーノ(アルゼンチン)、大分、東京V、熊本、町田、松本などでもプレー。13年から17年まで讃岐に5年間在籍したが、契約満了に伴い退団、今季から岡崎でプレーしていた。リーグ戦の通算成績はJ1が64試合3得点、J2が180試合28得点、JFLが103試合38得点。今季はJFLで15試合1得点だった。

 来年5月に40歳になる木島は讃岐を通じ、「J2復帰に力になれるように頑張るだけです。応援よろしくお願いします」とコメント。岡崎を通じては「1年間ありがとうございました。初めての企業のチームで色々勉強させてもらいました。今後の活躍を祈っています」と談話を発表している。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2018年12月25日のニュース