J2初昇格の琉球にMF風間宏希が完全移籍加入「日々努力していきたい」

[ 2018年12月25日 15:36 ]

 J3で初優勝し、来季のJ2初昇格を決めた琉球は25日、J2山形からMF風間宏希(27)が完全移籍で加入すると発表した。

 広島県出身で、J1の名古屋を率いる風間八宏監督(57)を父に持つ風間は、これまでロウレターノ(ポルトガル)、コブレンツ(ドイツ)、J1川崎F、J2北九州、J2山形でプレー。今季からJ3群馬へ期限付き移籍していた。リーグ戦の通算成績はJ1が17試合0得点、J2が143試合12得点、J3が31試合7得点。

 風間は琉球を通じ、「沖縄の地や、チームに早く馴染み自分自身をこのチームでいかせるように、日々努力していきたいと思います」とコメント。

 山形を通じては「一年間という短い期間ではありましたが、山形での経験が僕を成長させてくれました。新天地でしっかりと頑張ってきたいと思います」と、群馬を通じては「群馬を離れることになりました。かなり悩み、ずっと決断できずにいましたが移籍を決めました」とし、「今回僕は移籍を決断しましたが、ザスパクサツ群馬をいつも応援しています」と別れを告げた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2018年12月25日のニュース