正式名称「JFA夢フィールド」に決定!日本代表練習拠点に 寄付金受付も開始

[ 2018年12月25日 14:31 ]

 日本サッカー協会(JFA)は25日、来年12月に竣工し、2020年3月に供用開始予定となっている「(仮称)JFAナショナルフットボールセンター」(千葉県千葉市美浜区1―1 幕張海浜公園内)の正式名称を「JFA夢フィールド」に決定したと発表した。

 「JFA夢フィールド」は、各カテゴリー日本代表のトレーニングや指導者、審判員等の人材養成に利用されるほか、サッカーに関する情報の発信基地として、また、サッカーを通じた国際交流、社会貢献の拠点としても利用され、日本サッカーの継続的な強化と普及を支える。

 また、同日から来年12月31日までの予定で、「JFA夢フィールド」建設のための寄付金を募集。寄付に応じて、施設内ネームプレートへの掲出などを行う。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2018年12月25日のニュース