鹿島、来季の新ユニホーム発表 20冠達成で胸の星2つに セカンドユニは初のカラー

[ 2018年12月25日 17:51 ]

20冠を表す星2つがデザインされた来季のファーストユニホーム(提供 鹿島アントラーズ)
Photo By 提供写真

 20冠を刻んだ“2つ星ユニホーム”が誕生する。今季ACLを初制覇し、クラブW杯に出場した鹿島は25日、来季の新ユニホームのデザインを発表した。

 注目すべきは胸の上のマークだ。獲得したタイトルの数を示す星の数。今季のユニホームは腕に9つ、胸にタイトル10個を表す星が1つ、刻まれていた。今季アジアを制したことで、クラブは主要タイトル通算20冠に到達。来季は胸の星が、タイトル20個分を表す2つに増える。

 カラーは、ファースト(ホーム)ユニホームは、伝統のディープレッド×ネイビーを継承。黄金時代を象徴するボーダー柄も特徴的だ。セカンド(アウェー)ユニホームは、クラブ史上初めてダークネイビーと鮮やかなハイパーピンクを掛け合わせた。レプリカユニホーム(ファースト半袖、大人サイズのみ)の予約受付は、1月中旬を予定している。新ユニホーム発表に伴い、25日正午からはFW鈴木優磨とMF土居聖真が登場するプロモーション動画を公式SNSで公開しており、必見だ。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2018年12月25日のニュース