ストラスブール川島がエール 不利な判定ある、覚悟を

[ 2018年12月25日 05:30 ]

川島永嗣
Photo By スポニチ

 W杯ロシア大会の正GKで、ストラスブールの川島がアジア杯を戦う仲間にエールを送った。

 11年大会では決勝で好セーブを連発。優勝に大きく貢献したが「やる環境は確実に良くなっているが(レフェリングの不利などは)少なからずある。その中でどうやって勝つかが日本の宿命だと思うので、強い覚悟を持って臨んでほしい」と語った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2018年12月25日のニュース