横浜MF遠藤 リーグ後半戦での得点量産を誓う「役割果たす」

[ 2018年7月18日 05:30 ]

明治安田生命J1第16節   横浜―仙台 ( 2018年7月18日    ユアスタ )

 左サイドで先発が濃厚な横浜のU―21日本代表MF遠藤がリーグ後半戦での得点量産を誓った。

 今季は4月の鹿島戦でリーグ初得点をマークも「スタメンで出るからには役割を果たさないと。シーズン後半は得点を多く決めたい」と意気込んだ。20年東京五輪出場にも期待がかかるが、「当落線上なんで」と慢心はない。敵地での仙台戦は過去10戦で1度しか負けていないだけに、得意のアウェーゲームで景気付けの一発を狙う。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2018年7月18日のニュース