本田、ウィル・スミスと1億ドルのファンド設立へ 2人が投資先の面接も

[ 2018年7月18日 09:52 ]

 W杯ロシア大会に出場した日本代表の本田圭佑選手が米国の人気俳優ウィル・スミスとともに1億ドル(約113億円)規模のベンチャーファンドを今月中に設立すると18日、本田の所属事務所が明らかにした。「ドリーマーズ・ファンド」との名称で、野村ホールディングスも参画する。

 米国を中心とした新興企業に投資する。投資先の対象は本田、スミスの専門分野であるスポーツ、映画関連に限らず、幅広くなる見通しという。2人が投資先の面接を行うケースもあるとしている。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「アジア杯」特集記事

2018年7月18日のニュース