長友“バンビーノ”に白星を!5日サウジ戦、父親の自覚示す

[ 2017年9月4日 05:30 ]

ジッタ在住の日本人と交流する長友
Photo By スポニチ

 目尻を下げながら、インテル・ミラノの日本代表DF長友が少年少女の頭をなでた。ジッダでの初練習前に現地の日本人学校に通う子供約20人と交流。夫人の妊娠発表直後とあり「より一層、子供が可愛く見える。自分の子供が生まれたらどんな感覚になるんだろう。新しい自分が見られるのかな」と語り、「4、5カ月ぐらいで安定期にも入った。バンビーノだと思います」と男児の可能性が高いことを明かした。

 第1子誕生後の青写真はできている。「やりたいものがサッカーならうれしい。もう生まれてからのフィジカルメニューは考えている」と説明。「フィジカル、メンタル的なことをがっつり教えたい。技術的なことは真司(香川)とか乾に教えてもらって」と笑った。「責任を負う人がまた1人増える。いい父親になりたい」。サウジアラビア戦で父親になる自覚を示す。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2017年9月4日のニュース