ベルギー 欧州予選突破一番乗り 2大会連続13度目 W杯予選

[ 2017年9月4日 18:08 ]

W杯欧州予選   ベルギー2―1ギリシャ ( 2017年9月3日 )

W杯2大会連続13度目の出場を決めたベルギー代表
Photo By AP

 W杯欧州予選は3日、各地で行われ、H組のベルギーが2大会連続13度目の本大会出場を決めた。敵地でギリシャを2―1で下して勝ち点22とし、2試合を残して同組1位が確定して欧州の予選突破一番乗りとなった。

 エースのFWロメル・ルカク(24)が“W杯出場決定弾”を決めた。1―1に追いつかれた1分後の後半29分、右クロスを1メートル90の長身を生かして頭で押し込んだ。今予選チームトップの10ゴール目で、タレント軍団の攻撃陣をけん引。試合後に自身のツイッター、インスタグラムに「神様、ありがとう」と喜びの言葉をつづった。

 ルカクは今夏にエバートンからマンチェスター・ユナイテッドに英クラブ間最高となる7500万ポンド(当時約110億円)で加入。リーグ3試合で3ゴールを挙げて、開幕3連勝の大きな原動力となっている。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2017年9月4日のニュース