神戸8強で敗退…後半FW4人並べる超攻撃陣形成するも不発

[ 2017年9月4日 05:30 ]

ルヴァン杯準々決勝・第2戦   神戸0―2G大阪 ( 2017年9月3日    吹田S )

<神戸・G大阪>後半、激しくゴール前につめるポドルスキだが不発…
Photo By スポニチ

 吉田監督体制後は公式戦4戦2分け2敗で、神戸の8強で敗退が決まった。指揮官が「攻撃の枚数を増やしたかった」と話したように後半16分にFWハーフナー、2点を追う24分にはFW田中順を投入し、FWポドルスキとFW渡辺を含めてストライカー4人を並べる超攻撃陣を形成したが不発。G大阪とは公式戦3連戦中で、9日にはラストとなるリーグ戦が控える。

 今季は1分け2敗と苦汁を味わっており、主将のFW渡辺は「何回も負けるわけにはいかない。勝てるように良い準備をしたい」と一矢報いることを誓った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2017年9月4日のニュース