浦和、後半から猛追も連覇夢散…アウェーゴール数の差で敗退

[ 2017年9月4日 05:30 ]

ルヴァン杯準々決勝・第2戦   浦和2―2C大阪 ( 2017年9月3日    埼玉 )

<浦和・C大阪>前半、競り合う興梠(左)と丸橋
Photo By 共同

 前回王者の浦和は2点差を追いつく意地を見せたが2戦合計2―2、アウェーゴール数の差で敗退となった。

 後半は従来の3―4―2―1布陣を2トップ気味に変え、追い上げ開始。1―2の同26分に興梠がCKからヘッド弾を決めたが猛追もそこまで。「(トーナメントは)アウェーでは負けない、ホームで勝つ。それができなかった」と興梠。連覇を逃し、悔しさをにじませていた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2017年9月4日のニュース