Rマドリード ベイルが脱臼で右足首の手術へ

[ 2016年11月25日 22:35 ]

 レアル・マドリードは24日、ウェールズ代表FWギャレス・ベイル(27)が29日にロンドンで右足首の手術を受けると発表した。22日の欧州チャンピオンズリーグ(CL)スポルティング(ポルトガル)戦で負傷交代し、精密検査の結果、腓骨筋腱脱臼と診断された。

 地元紙マルカによると復帰まで2~3カ月かかる見通し。12月3日にバルセロナと対戦する“クラシコ”をはじめ、来月に日本で開催されるクラブW杯も欠場することになった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2016年11月25日のニュース