J3鹿児島 “プラチナ世代”高野ら6選手と契約更新せず

[ 2016年11月25日 15:37 ]

 J3鹿児島は25日、契約満了に伴い、GK武田大(27)、DF麻生瞬(31)、MF柳崎祥兵(32)、MF新中剛史(30)、MF山本啓人(28)、MF高野光司(23)の6選手と来季の契約を更新しないと発表した。

 今季J3リーグ戦出場は武田が2試合、麻生が1試合、柳崎が2試合、新中が18試合、山本が2試合、高野が7試合で、いずれも得点はなかった。

 高野はFW宇佐美貴史(24=アウクスブルク)らと同学年で、東京Vユースに所属していた2009年U―17ワールドカップ(W杯)ナイジェリア大会にも出場した“プラチナ世代”の1人。クラブを通じ、「2年前にこのチームに入団し、J3昇格や初めてのJ3リーグをチームメート、スタッフ、サポーターの皆さんと経験出来たことをとても嬉しく思っています。1年間応援ありがとうございました」とコメントしている。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2016年11月25日のニュース