ネイマール移籍不正告訴のバラル氏「訴訟期間中は試合に出るな」

[ 2016年11月25日 05:30 ]

 バルセロナのブラジル代表FWネイマール(24)が、サントス(ブラジル)から13年に加入した際の移籍手続きで不正をしたとして、禁錮2年と罰金を求刑された問題で、ネイマールの保有権の40%を持っていたブラジルの投資ファンドDISを傘下に持つsondaのホセ・バラル会長は、より厳しい禁錮刑とバルセロナの補償金支払いを求める意向を表明。「ネイマールは訴訟期間中の試合出場を禁じられるべき」と述べた。

 クラブ側が移籍金を不当に安く申告したことにより、実際に得た移籍金が本来の額より少なかったとして告訴していた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2016年11月25日のニュース