長友フル出場もインテル敗退 欧州リーグ

[ 2016年11月25日 08:52 ]

ベエルシェバ戦で競り合うインテル・ミラノの長友(右)
Photo By AP

 サッカーの欧州リーグは24日、各地で1次リーグ第5戦が行われ、K組でインテル・ミラノ(イタリア)の長友佑都はベエルシェバ(イスラエル)戦にフル出場したが、2―3で負けて敗退が決まった。サウサンプトン(イングランド)の吉田麻也はスパルタ・プラハ(チェコ)戦にフル出場したが、0―1で敗れた。

 C組でマインツ(ドイツ)の武藤嘉紀は0―0で引き分けたサンテティエンヌ(フランス)戦、B組でヤングボーイズ(スイス)の久保裕也は1―1で引き分けたオリンピアコス(ギリシャ)戦で、ともにベンチ外。マインツ、ヤングボーイズは敗退が確定した。

 I組でシャルケ(ドイツ)の内田篤人は2―0で勝ったニース(フランス)戦を欠場。ザルツブルク(オーストリア)の南野拓実は1―1で引き分けたクラスノダール(ロシア)戦でベンチ外だった。ザルツブルクは敗退が決まった。E組でアストラ(ルーマニア)の瀬戸貴幸は2―1で勝ったオーストリア・ウィーン(オーストリア)戦でフル出場した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2016年11月25日のニュース