C大阪、J1昇格PO前に3選手が負傷離脱 関口は全治6週間

[ 2016年11月25日 17:09 ]

 27日にJ1昇格プレーオフ(PO)準決勝(対京都)を控えるJ2C大阪は25日、MF関口訓充(30)が左足関節靭帯損傷で全治6週間、MF丸岡満(20)が右大腿直筋損傷で全治4週間、FW岸本武流(19)が左腓腹筋損傷で全治4週間とそれぞれ診断されたと発表した。

 関口は22日の練習中に負傷。丸岡と岸本は20日の明治安田生命J3リーグ第30節・FC東京U―23戦で負傷した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2016年11月25日のニュース