新主将・高徳 仲間を鼓舞で貴重ドロー「気持ちの上で大きい」

[ 2016年11月22日 05:30 ]

ブンデスリーガ第11節 ( 2016年11月20日 )

<ホッフェンハイム・ハンブルガーSV>後半、競り合う酒井高(中央)
Photo By 共同

 新主将に任命されたハンブルガーSV酒井高はボランチでフル出場した。速いプレス、サイドチェンジなど安定したプレーを発揮。大きなジェスチャーで仲間を鼓舞し続け、3連敗を脱出する貴重なドローに貢献した。

 プロ入り後に正式に主将を務めるのは初めて。ギスドル監督から指名され「やりたいです」と即答したという。チームは最下位で厳しい状況が続くが「勝ち点1は気持ちの上で凄く大きい。でも現実的には小さな一歩でしかない」と気を引き締めた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2016年11月22日のニュース