米国代表 クリンスマン監督を解任

[ 2016年11月22日 10:05 ]

 米国サッカー協会は21日、同国代表のクリンスマン監督を解任したと発表した。元ドイツ代表のクリンスマン監督は2011年に就任し、14年W杯ブラジル大会でチームをベスト16による決勝トーナメント進出に導いた。しかし、18年W杯ロシア大会の北中米カリブ海最終予選では2連敗とつまずいていた。

 クリンスマン監督は現役時代にFWとして活躍。旧西ドイツ時代を含めて代表として3度のW杯に出場し、1990年イタリア大会の優勝に貢献した。指導者としても地元開催の06年W杯でドイツ代表を率いて3位となった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2016年11月22日のニュース