新潟新監督 技術委員務める影山氏が有力候補に

[ 2016年11月22日 05:30 ]

新潟の新監督有力候補の影山氏
Photo By スポニチ

 新潟の来季監督に元J2岡山監督で日本協会の技術委員を務める影山雅永氏(49)が有力候補に挙がっていることが21日、分かった。

 現役時代はDF。筑波大では井原(現福岡監督)、中山(JFL沼津)と同期だった。ジェフ市原(千葉)、浦和などでプレーし、引退後は98年W杯フランス大会で分析担当を務め、06年から2年間はマカオ代表監督、10年から5年間、J2岡山監督を歴任した。14年には18戦連続不敗のクラブ記録も更新した。今季、低迷した新潟は9月に吉田達磨前監督を解任。コーチから昇格した片渕浩一郎監督がJ1残留を死守したものの、8勝6分け20敗の成績はクラブワーストだった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2016年11月22日のニュース