鹿島・永木 気合“メッシ・カット” 憲剛先輩「つぶさないと」

[ 2016年11月22日 05:30 ]

Jリーグチャンピオンシップ準決勝 ( 2016年11月23日    等々力 )

ミニゲームで競り合うメッシ・カットの永木(前)と金崎
Photo By スポニチ

 気合の“メッシ・カット”だ。第1ステージ覇者の鹿島と年間勝ち点2位の川崎Fによるチャンピオンシップ(CS)準決勝が23日、等々力陸上競技場で行われる。鹿島はこの日、紅白戦を行い、主力組のボランチに入ったMF永木が「美容師さんに“メッシにしてください”と言いました」とイメチェン。決戦に向けてバルセロナのスターにあやかり、金髪ではないが両サイドを短くした新ヘアを披露した。

 大先輩にも遠慮なく行く決意だ。永木は中学から高校まで川崎Fの下部組織に在籍。相手MF中村はその頃からの憧れの存在。年末に開催される中大OBの食事会でも毎年顔を合わせるが「憲剛さんから全ての攻撃のスイッチが入る。尊敬しているけど、あさっては関係なくバチバチいきたい。キーマンである以上、つぶさないと勝利は手にできない」と力を込めていた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2016年11月22日のニュース