神戸 仙台DF渡部獲得濃厚 手薄な最終ラインの新戦力

[ 2016年11月22日 09:30 ]

神戸へ移籍が濃厚になった仙台DF渡部
Photo By スポニチ

 神戸が来季の新戦力として、仙台のDF渡部博文(29)を獲得することが21日、濃厚となった。

 複数の関係者によると、空中戦の強さを誇るセンターバックに対し、早くから正式オファー。すでに加入が決定的になっているという。磐田などからオファーを受けるDF高橋祥平が流出する可能性が高まっており、最終ラインは手薄な状況となっていた。さらにG大阪のMF大森晃太郎(24)の加入も決定的となった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2016年11月22日のニュース