元日本代表FW高原設置の“夢シート”募集予定の5700席到達

[ 2015年4月13日 17:15 ]

 J3相模原は13日、元日本代表FW高原直泰(35)による小学生への年間招待席「TAKAこども夢シート」が予定席数に到達したため、募集を終了すると発表した。

 「TAKAこども夢シート」は小学生のこどもを対象としたもので、ホームゲーム19試合で毎試合300人、年間では実に5700席分となる“超太っ腹”の招待席。

 高原の申し出により3月12日に設置が発表され、当時、高原はクラブを通じて「本物のサッカーを初めて生で観た時の興奮は今でも忘れません。そんな経験を少しでも多くのこどもたちに味わって貰い、サッカーやSC相模原のことが好きになってくれたら嬉しいです。たくさんの思い出を作ってください」とコメントしていたが、わずか1カ月で予定の5700席が埋まった。

 クラブは「たくさんのご応募有難うございました。少しでも多くのこどもたちに、高原選手の希望通り、素敵な思い出を作って貰えたら幸いです」としている。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2015年4月13日のニュース