神戸4発快勝!現役高校生の藤谷がクラブ最年少デビュー

[ 2015年4月13日 05:30 ]

<神戸・甲府>甲府に勝利し、サポーターの声援に応える神戸イレブン

J1第1S第5節 神戸4―1甲府

(4月12日 ノエスタ)
 日替わりヒーロー出現の神戸が4得点で快勝した。前半4分と同45分に石津が連続ゴールすると、後半9分には三原がミドルを決めて突き放す。試合前にJ1通算1得点だった2人の相次ぐ活躍の後は後半31分から現役高校生の藤谷が右サイドバックで登場。17歳5カ月15日でクラブ最年少出場記録を更新した期待の若手を試す余裕まで見せた。

 エースのFW渡辺が欠場するなどベストメンバーではない中、実績のない選手たちが結果を残して着実なチーム力向上を印象づけた。ネルシーニョ監督は「立ち上がりからゲームプランを遂行してくれた。藤谷は将来有望な若手と見ている」と手応えを口にした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2015年4月13日のニュース