松本 最年長の阿部がロスタイムに一矢「次につながる」

[ 2015年4月13日 05:30 ]

<松本・柏>後半46分、得点を決めた阿部(中央)はプレーを早く再開させるため、ボールを拾いに行く
Photo By スポニチ

J1第1S第5節 松本1―3柏

(4月12日 松本)
 松本は最年長の阿部がロスタイムに一矢報いた。後半19分に途中出場した男は、同46分にポストに当たって跳ね返ったDF飯田のシュートを「こぼれ球に反応できるように準備していた」と、頭で押し込んだ。J1通算32ゴール目は空砲となってしまったが、完封負けを逃れたことで「0点で終わるのと1点で終わるのは違う。次につながる」と、山雅移籍後初ゴールの意味を語った。

 ▼GK村山 ホームで勝てなくて全員悔しく思っている。次は勝てるよう準備したい。

 ▼DF後藤 守備は手応えをつかんできたところだった。もう一度見直したい。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2015年4月13日のニュース