岐阜 大阪学院大DF小見恵吾が新加入…父はラモス監督の元同僚

[ 2014年12月26日 11:23 ]

 J2岐阜は26日、大阪学院大に所属するDF小見恵吾(22)の来季新加入を発表した。

 神奈川県出身の小見は身長1メートル90、83キロで、ヴェルディ相模原からウィザス(現第一学院)高を経て大阪学院大学。クラブはそのプレーの特徴を「高さと身体能力を生かしたディフェンス」と紹介している。父は、ラモス瑠偉監督(57)の読売クラブ時代のチームメートで、東京V監督や柏の強化担当責任者などを歴任した小見幸隆氏(62)。

 小見はクラブを通じ、「この度、FC岐阜に加入することになりました小見恵吾です。FC岐阜のJ1昇格に貢献出来るように頑張ります。応援よろしくお願いします」とコメントしている。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2014年12月26日のニュース