C大阪 育成部門の拡大プラン披露 若手指導者スカウトへ 

[ 2014年12月26日 05:30 ]

 2部落ちでもクラブのアイデンティティーは貫き通す。大阪市此花区のC大阪クラブハウスで下部組織のスタッフの契約更改に出席した宮本強化本部長が、育成部門の拡大プランを披露。

 「まだまだ人材が足りない」と話し、若手指導者を外部からスカウトする意向を示した。また、すでに和歌山や奈良などに広げているスクールを新たに関西の他府県に設置し、有望な若年層の人材確保にも努める。トップチームの成績に左右されることなく、「育成のセレッソ」は成長を続ける。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2014年12月26日のニュース