マンU ディマリア獲得 英国史上最高額の移籍金103億円

[ 2014年8月27日 08:20 ]

 サッカーのイングランド・プレミアリーグで香川真司が所属するマンチェスター・ユナイテッドは26日、アルゼンチン代表MFディマリア(26)を英国史上最高額となる移籍金5970万ポンド(約103億円)でスペイン1部リーグのレアル・マドリードから獲得したと発表した。契約期間は5年間。

 Rマドリードで昨季の欧州チャンピオンズリーグ制覇などに貢献したディマリアは「多くのクラブが興味を示してくれたが、Rマドリードを離れて移籍したいと思ったクラブはマンチェスターUだけ」との談話を発表した。ファンハール監督は「世界レベルの選手だが、最も重要なのはチームのために働ける選手だということ」とコメントした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2014年8月27日のニュース