バロテッリ リバプール移籍に喜び「イタリアに戻ったのは間違い」

[ 2014年8月27日 05:30 ]

イタリア代表FWバロテッリ(右)はリバプール移籍が決まり、マンチェスターC戦を観戦に訪れた(AP)

 リバプールは25日、ACミランのイタリア代表FWマリオ・バロテッリ(24)の獲得を発表した。

 英メディアによると移籍金1600万ポンド(約27億5200万円)の3年契約。背番号は45に決まり、同日夜の古巣マンチェスターC戦を観戦したバロテッリは「(マンCから)イタリアに戻ったのは間違いだった。イングランドのサッカーは素晴らしい」などとコメント。“噛(か)みつき”スアレス(バルセロナ)の代役として“悪童”を獲得したロジャース監督は「リスクは計算の上。良い選手であることに疑いはない」と説明した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2014年8月27日のニュース