広島 水戸を退け16強入り 土砂災害で延期の天皇杯

[ 2014年8月27日 22:29 ]

天皇杯3回戦 広島1―0水戸

(8月27日 Eスタ)
 サッカーの天皇杯全日本選手権第8日は27日、広島市の土砂災害の影響で20日から延期となった3回戦残り1試合がエディオンスタジアム広島で行われ、前回大会準優勝のJ1広島がJ2水戸を1―0で下して16強入りした。

 広島は前半に佐藤が先制点を奪い、その後も優勢に試合を進めた。

 Jリーグ勢が占めたベスト16による4回戦は9月7、10日に行われる。

 ▼広島・森保監督 次のステージに進めてよかった。追加点がなかったのは次の課題だ。佐藤は点を取るという彼の仕事をしてくれたし、攻守で素晴らしい働きだった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2014年8月27日のニュース