GK小野 好セーブ連発!チーム救う「体が自然に反応した」

[ 2013年12月30日 19:29 ]

<熊本国府・国学院久我山>前半、懸命にシュートを阻む熊本国府のGK小野

全国高校サッカー選手権1回戦 熊本国府2―1国学院久我山

(12月30日 国立)
 熊本国府のGK小野が好セーブを連発し、劣勢だったチームを救った。前半には相手と1対1の場面で冷静に止め、後半ロスタイムには右手で相手シュートを防いだ。守護神は「体が自然に反応した」と笑みを浮かべた。

 身長175センチでGKとしては大きくないが、反応の良さが際立った。佐藤監督は「ファインセーブがなければ厳しかった。3、4点はやられていたと思う」と感謝した。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2013年12月30日のニュース