鳥栖 九州勢初の決勝進出ならず…指揮官も白旗「実力の違い」

[ 2013年12月30日 05:30 ]

準決勝で横浜に敗れた豊田(中央)ら鳥栖イレブンはガックリと引きあげる

天皇杯準決勝 鳥栖0―2横浜

(12月29日 日産ス)
 鳥栖は九州のJクラブとして、初の決勝進出を目指したが、及ばなかった。

 こぼれ球を拾われて得意のカウンターを封じられ、シュートもわずか4本。終盤に自慢の堅守も崩され、2失点して完敗した。尹晶煥(ユンジョンファン)監督は「落ち着きを失ってしまった。たくさんの方が期待してくれたが実力の違いが出てしまった」とうなだれるしかなかった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2013年12月30日のニュース