アーセナル 敵地でニューカッスル撃破!首位での年越しが決定

[ 2013年12月30日 01:37 ]

ニューカッスル戦で先制ゴールを決めたアーセナルのFWジルー

 プレミアリーグ第19節は各地で行われ、FW宮市亮が所属するリーグ首位のアーセナルは敵地でニューカッスルと対戦。後半20分にフランス代表FWジルーが挙げた1点を守り抜き、1―0で勝利し2連勝。勝ち点を42に伸ばし、首位のまま前半戦を折り返すことになった。なお、FW宮市は10月6日のウェストブロミッジ戦以来となるベンチ入りを果たしたが出場機会はなかった。

 試合は0―0のまま後半に入ると20分、アーセナルにFKのチャンス到来。中央やや左の位置からイングランド代表FWウォルコットが浮き球のパスをゴール前に送ると、このボールに走り込んだFWジルーが頭で合わせネットを揺らした。

 先制点を奪ったアーセナルがその後のニューカッスルの反撃をシャットアウト。敵地で貴重な勝ち点3を獲得し、前日の試合に勝利し暫定首位となっていたマンチェスター・シティーから首位の座を死守した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2013年12月30日のニュース