2発の大槻「ディフェンスのおかげ」 久我山の猛攻に耐えて劇勝

[ 2013年12月30日 16:29 ]

<熊本国府・国学院久我山>後半ロスタイム、熊本国府・大槻(中央)は国学院久我山のGK仲間(右)の前に飛び込み決勝のヘディングシュートを決める

全国高校サッカー選手権1回戦 熊本国府2―1国学院久我山

(12月30日 国立)
 15年ぶり出場の熊本国府がFW大槻(3年)の2得点で、激戦の東京Bを勝ち抜いた国学院久我山に勝利。ヒーローは「2点とも触るだけだった。守ってくれたディフェンスと応援してくれた皆さんのおかげ」と謙虚に振り返った。

 国学院久我山の猛攻の前に、序盤から苦しい試合を強いられた熊本国府だったが、前半27分にワンチャンスを生かして先制。2年生のMF山口の右クロスをMF川上がファーサイドでダイレクトで中央に折り返し、大槻が右足で押し込んで1―0とリードを奪った。

 その後も相手に主導権を握られる展開が続いたが、GK小野が体を張った好セーブを連発するなど守備陣が奮闘。後半30分についに同点に追いつかれたが、熊本国府イレブンの心は折れなかった。ロスタイム、カウンターからの右クロスに大槻が走り込み、豪快なダイビングヘッド。土壇場で決勝点をもぎ取り、仲間の頑張りに応えた。

 佐藤光治監督は試合後、「しっかりプラン通りにやってくれた」と選手たちを称賛。大槻は「最初から勝つつもりだったのでうれしい」と胸を張り、次の戦いを見据えた。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2013年12月30日のニュース