開幕戦は熊本国府が劇勝!FW大槻 先制&ロスタイム決勝ヘッド

[ 2013年12月30日 15:42 ]

<熊本国府・国学院久我山>後半ロスタイム、熊本国府・大槻(中央)は国学院久我山のGK仲間(右)の前に飛び込み決勝のヘディングシュートを決める

 第92回全国高校サッカー選手権は30日、48代表校(東京2校)が参加し、東京・国立競技場で開幕。開会式と1回戦1試合が行われ、15年ぶり2度目出場の熊本国府が2―1で2年ぶり5度目出場の国学院久我山(東京B)を下し、2回戦に駒を進めた。

 前半27分、熊本国府はMF山口の右クロスをファーサイドでダイレクトでゴール前に折り返し、FW大槻が合わせて先制。しかし国学院久我山は後半30分、FW富樫がゴール右の角度のない位置から右足で決めて試合を振り出しに戻した。1―1で迎えた後半ロスタイム、熊本国府は大槻がこの日2得点目となるダイビングヘッドを叩き込み、土壇場で試合を決めた。
 
 国立競技場は来年7月から改修工事に入るため、現在の「国立」では最後の大会。開幕戦では大会史上最多となる1万7954人の観衆が詰めかけた。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2013年12月30日のニュース