神戸 昇格お預けも監督「試合内容は非常に良かった」

[ 2013年11月3日 22:38 ]

<神戸・京都>前半、競り合う神戸・ポポ(左)と京都・秋本
Photo By スポニチ

J2第39節 神戸0―0京都

(11月3日 ノエスタ)
 勝てばJ1昇格決定という大一番で、神戸は引き分け。2万2000人を超えるホームの大観衆に歓喜をもたらせず、小川は「最後の精度が悪かった」と悔しがった。

 ただ、安達監督が「試合内容は非常に良かった」と話す通り、神戸らしい積極的なプレーは見せた。昇格決定は持ち越しも、3位京都と勝ち点差9で残り3試合と優位は動かない。「きょうのようなゲームができれば昇格もその上(優勝)も自然についてくる」と納得顔だった。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2013年11月3日のニュース