本田 チームの全2得点を演出!豪快ボレーも

[ 2013年11月3日 06:00 ]

ボルガ戦で攻め込むCSKAモスクワの本田圭佑

 CSKAモスクワの日本代表MF本田圭佑(27)が2日、リーグ戦3試合連続のフル出場で2―1の逆転勝利に貢献した。前節はボランチ起用だったが、再びトップ下に入ってチームの全2得点を演出した。

 先制された直後の前半34分。中央でタメをつくって左サイドに流れたMFミラノフにパスを出し、最後はFWドゥンビアが押し込み同点ゴールの起点となった。後半28分は左クロスからのこぼれ球を豪快に左足ボレー。GKにはじかれたが、MFトシッチが詰めて逆転に成功した。

 来年1月のACミラン入りが内定。ミランのアッレグリ監督からは早くも名指しで期待を寄せられている。リーグ戦は5試合勝ちなしと厳しい状態が続いたが、10月27日のFCクラスノダール戦から2連勝と復調。移籍までリーグ戦は4試合。一つでも多くの白星を置き土産にするつもりだ。

 5日には敵地で欧州CLマンチェスターC戦が控える。現在1勝2敗でD組3位。決勝トーナメント進出に向け「最善を尽くす。次のラウンド(決勝トーナメント)に進むチャンスはある」と話していた本田は次戦に目を向けた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2013年11月3日のニュース