カズ46歳8カ月弾「これからも成長していけるように頑張る」

[ 2013年11月3日 16:32 ]

J2第39節 横浜FC1―3松本

(11月3日 ニッパ球)
 J2横浜FCのFW三浦知良(46)が0―1の前半38分に頭で同点ゴールを決め、自身の持つJリーグ最年長得点記録を46歳8カ月8日に更新。「チームメートに感謝しています。これからも成長していけるように頑張ります」とコメントした。

 カズはこれが今季2得点目。試合開始わずか16秒でゴールを決めた7月3日の栃木戦では「開始1分だからね、ダンスは頭になかったよ」と踊らなかったが、この日は得点を決めると右腕を突き上げてチームメートと喜び合い、ハーフライン付近で歓喜のダンスを披露した。ゴールを決めた後のカズダンスは、昨年5月27日のJ2第16節・鳥取戦以来。ニッパ球では実に07年5月26日のJ1第13節・大分戦以来、6年5カ月ぶりのダンスとなった。

 しかしチームは後半に2失点して1―3で敗戦。勝ち点49のままで、3試合を残してJ1昇格プレーオフ出場の可能性が消滅した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2013年11月3日のニュース