神戸DF北本 ついに実戦復活だ!夏場の連戦に向け期待

[ 2013年5月17日 06:00 ]

 頼れる男が戦列に復帰した。神戸は16日、アウェー愛媛戦(19日)に向けて調整した。3月に助骨腫瘍の摘出手術を受けたDF北本がチームに本格的に合流。紅白戦にも加わり控え組でプレーした。シーズン前の健康診断で異常が見つかり3月に手術を受けると、その後は地道なリハビリを続けてようやく実戦形式にこぎつけた。

 今季は主将の河本と18歳の岩波が主力センターバックとして奮闘を続けるものの、DFラインの層の薄さは否めない。長いリーグ戦を勝ち抜くためにも神戸ひとすじの鉄人の力が必要とされている。安達監督は「試合をやれる準備をしているところ。あとはゲーム勘を取り戻せば」と期待を口にした。今週末に控え組が行う練習試合にもプレーする予定。これから始まる夏場の連戦に向けて本来のコンディションを取り戻す。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2013年5月17日のニュース